貴族探偵【見逃し配信】再放送・配信予定を調べてみた!

     - ドラマ


  • 月9ドラマ『貴族探偵』毎週月曜日21時~放送中
  • 4月16日(月)放送の第1話は30分拡大版で放送
  • ドラマ動画は「フジテレビオンデマンド」「民法公式テレビポータルTVer」にて視聴することが可能。「民法公式テレビポータルTVer」は放送終了後1週間までが期限となっているので要注意。

見逃し配信・再放送について

放送を見逃した際や作品をもう1度見たい場合は、見逃し配信や再放送でドラマを見ることができます。本作品は「フジテレビオンデマンド」「民法公式テレビポータルTVer」にて配信。第1話は再放送もされました。

「フジテレビオンデマンド」は月額888円となっています。2017年4月現在はYahoo!JAPANのIDを利用すれば31日間無料でコンテンツを利用することが可能です。パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレットでも見ることができます。

「民法公式テレビポータルTVer」は無料となっています。その分、視聴期限があるのが特徴です。放送終了後から最大で7日間無料配信されており、本作品の場合は4月17日(月)放送の第1話が、4月24日(月)19時29分まで配信されています。こちらもパソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレットでも見ることが可能です。

再放送についてはフジテレビのオフィシャルホームページにて告知されます。第1話の再放送は4月22日(土)14時~15時半にて放送されました。

最新話のあらすじについて

新米探偵である高徳愛香(武井咲)は人気ミステリー作家である厄神春柾(大和田伸也)から取材したいとのことで、厄神の編集者である日岡美咲(紺野まひる)の車で厄神の別荘へと向かっていた。そんな矢先、車のすぐ目の前で落石があり、車から降りて道の安全を確保する高徳。車に戻るとなぜか日岡の姿はなく、いつの間にか現れた貴族探偵と日岡はお茶をしていた。落石に怒った貴族探偵は、落石があった真上の別荘に文句を言いに行こうとする。その別荘は高徳が向かっていた厄神の別荘だった。別荘に到着して呼び鈴を鳴らすものの反応はなし。別荘に入った貴族探偵たちが見つけたのは厄神の死体だった。

フジテレビ月9ドラマ『貴族探偵』について

【概要】
相葉雅紀さん演じる貴族の主人公は名前を始め、年齡、住所、経歴などが一切不明。このドラマでの主人公の呼び名は貴族、主、御前の3つしか出てきません。貴族というのもあり、身だしなみや女性へのエスコートは完璧そのもの。自身が貴族というのを強く自覚しているのも特徴です。従来の探偵ドラマは主人公が調査や推理をして事件を解決していくというものでした。しかし、本作品では主人公は推理をせず、推理をするのは主人公の使用人たち。今までの探偵ドラマにはなかった新たな展開となっています。

【出演キャスト】
相葉雅紀 武井咲 生瀬勝久 木南晴夏 岡山天音 田中道子 井川遥 仲間由紀恵 滝藤賢一 中山美穂 松重豊 ほか

【主題歌】
「I’ll be there」/嵐

ドラマのみどころについて

探偵ドラマのため事件は起きますが、重苦しい雰囲気はありません。事件解決もわかりやすく、所々にコメディさを感じる部分もあるため、老若男女問わず見やすい作品になっています。相葉雅紀さん演じる貴族が様々な謎に包まれており、さらには推理をしない名探偵。インパクトを受ける登場人物のため、見れば見るほど貴族について知りたくなってきます。武井咲さん演じる新米探偵の高徳愛香との衝突、同じ現場にやけに遭遇する刑事たち、貴族に忠誠を誓い的確な捜査をする執事たちと、個性溢れる登場人物にも注目したい作品です。

あらすじについて

新米探偵の高徳愛香はクライアントの令嬢である玉村依子のパーティーに招待された。地下にある古井戸の伝説を聞かされた高徳は玉村に案内される。その古井戸に行ってみるとパーティーの招待客の死体があった。探偵である高徳は捜査を進めていくが、そこに主の使いで来たという執事の山本が現れる。山本が案内したのは外に建てられた天幕。そこに入ると貴族探偵と名乗る人物がいた。そして彼は自分がこの事件を解決すると言い放ったのだ。

貴族探偵の感想

事件の解説にCGや解決時に映像を使っているため、難しさがなくとても見やすい作品だった。物語もテンポよく進むためダラダラとしている印象がないのも好印象。相葉雅紀さん演じる貴族は見れば見るほどもっと知りたくなっていくし、気になっていく存在。これからの放送で貴族についての謎が明かされていくのかなというワクワク感もあります。貴族以外の登場人物も個性が強く、なかでも生瀬勝久さん演じる鼻形雷雨刑事がこの作品にいい味を出していると思いました。

まとめ

事件を解決していく探偵物は内容によっては難しかったりしますが、このドラマはとても見やすい内容に仕上がっています。探偵なのに推理しない主人公というのもこの作品の大きなみどころですし、今までになかった新たな探偵物です。新鮮さを感じること間違い無しかと思います。原作本もあるためドラマと合わせて読むのもおすすめです。見逃し配信や再放送もあるため、放送を見るのを忘れていたときや録画を逃した際は、すごく助かるコンテンツです。