【あなたが眠っている間に】19~20話あらすじ!点滴殺人事件に新たな展開が?

     - あなたが眠っている間に


『あなたが眠っている間に』19~20話のあらすじを重要なポイントごとに紹介します。 スマホ窃盗犯によって、点滴殺人事件の新たな容疑者につながる証拠が明らかに…。同時に、チェ係長にねつ造の疑いも浮上し、動揺するジェチャンでした。

  • スマホには19人分の点滴殺人事件の被害者写真
  • ホンジュとジェチャンの危機を救うチェ係長
  • 点滴殺人事件には真犯人がいた

スマホを受け取りに来た男に会いに、コンテナ住居へ訪ねるジェチャンとホンジュ。しかし、男はすでに真犯人によって殺されていたあとでした。 そして、2人も真犯人によってコンテナ住居に閉じ込められ、火を放たれます。このまま焼け死んでしまうかと思われたとき、チェ係長が駆け付け、2人を助けてくれたのでした。 真犯人はいったい誰なのか?さっそく19~20話のあらすじを見ていきましょう。

『あなたが眠っている間に』19~20話あらすじ

ある高級レストランで、離席した隙にスマホを盗みまくっている男がいました。 盗んだスマホの中にあった1台のスマホから、メッセージが入ります。内容を見ると、1,000万ウォンを支払うので、スマホを帰してほしいと書かれていたのです。 たかがスマホに、大金を払うことを疑問に思う窃盗犯。スマホの中にはどんな秘密が隠されているのでしょうか?

スマホを受け取りに来た男を取り押さえるウタク

窃盗犯の男はスマホを持って高架下で待っていると、辺りを見回しながら男が1人近づいてきました。スマホと1,000万ウォンを交換した瞬間、刑事たちが追って来ます。慌てて逃げる2人。 ウタクと先輩警察官は外回り中、知り合いの刑事に追われている男を発見。男を川沿いの土手で追い詰めると、スマホを川へ投げ捨ててしまいます。

そのあとウタクに取り押さえられ、事情聴取を受けることになったのです。男の名はチョ・ユンピョ。知り合いに頼まれて、代わりにスマホを受け取りに行ったと供述します。 川へ投げ捨てたということは、警察に見られたくない情報が入っていたのでしょう。頼んだ知り合いがとても怪しいですね。

スマホの中身は点滴殺人事件の被害者写真

窃盗犯の男は検察へ向かい、そこでジェチャンに取り調べを受けます。その様子を部長が見て、10年前に自らが取り調べたパク・デヨンだったことを思い出したのです。 ジェチャンは収監されているデヨンに会いに行き、拘留請求をしたと告げます。デヨンの自宅周辺でしっかり捜査をしたと聞き、デヨンはジェチャンを見直したのでした。 デヨンはジェチャンに対し礼を告げると、スマホからコピーをしたUSBを渡します。

USBの中身を確認すると、入院患者の写真が何枚も出て来ました。それを見たチェ係長が、写っているのは点滴殺人事件の被害者だと言うのです。 ということは、ユンピョの知り合いが真犯人だという線が、非情に濃厚となってきましたね。

ホンジュがコンテナ住居を訪れるとジェチャンがいた

ホンジュはドヒョンにコ刑事を紹介してほしいと頼みます。携帯を川へ放り投げたユンピョの居場所を調べるためです。ドヒョンはユンピョの居場所ならすぐに調べられると答えます。 一方、ジェチャンは部長から点滴殺人事件捜査の許可が下りず、仕方なく仕事終わりにユンピョの自宅へ捜査に向かうことに…。 夜になり、ホンジュはドヒョンから聞いたユンピョの住む場所へと向かいます。ユンピョが暮らしているコンテナ住居に着き、呼んでみたのですが応答はなく、鍵は開いていました。 中にはジェチャンがいて、何やら神妙な表情をしています。奥を見ると、ベッドにはユンピョの遺体がありました。ジェチャンが来たときには、すでに死んでいたと話します。

すると、急にドアが閉まり閉じ込められる2人。ガソリンがまかれてライターで火を付けられると、一気に室内中に炎があがります。 真犯人が近くにいたということでしょうか。もしかすると、ユンピョを殺害したときに、ジェチャンがやって来たため、慌てて隠れていたということも考えられますね。

炎に包まれた2人を助けるチェ係長

絶体絶命の危機にあった2人でしたが、チェ係長が駆け付けます。悪戦苦闘の末、ドアをこじ開けることに成功し、中にいたジェチャンとホンジュを助け出したのです。 ホンジュとジェチャンが危険な目にあう夢を見ていたのは、チェ係長でしたね。この瞬間、明るい光が差すようにすべてが見えてきました。 ということは、ホンジュかジェチャンが助けた人物=チェ係長となりますが…?

警察や消防車が来てようやく落ち着く3人。チェ係長は何で黙っていったのかとジェチャンを叱ります。1人で来たことを無謀過ぎると、強い口調で叱られて、反省する2人。 チェ係長のやさしさや思いやりが感じられるエピソードですね。

点滴殺人事件に別の真犯人が浮上

SBC新聞社の会議と検察会議で、同じ話題が報告されていました。 ・1つ目は、スマホに入っていた写真は、19人分の点滴殺人事件被害者だったこと。 ・2つ目は、判明していなかった8人は、イソクが捕まってからの被害者だったこと。 ・3つ目は、ユンピョが真犯人に殺された可能性があること。 スマホの持ち主が真犯人であることは濃厚であり、行方がわかっていません。 そのあと、シン検事とソン検事が放火犯担当、イ検事とジェチャンは点滴殺人事件担当に。 真犯人がいるとなると、当時、点滴殺人事件を担当したユボムとチェ係長の責任が問われることになります。 チェ係長に捏造の疑いが上がり、ジェチャンはかなり動揺したのではないでしょうか。

まとめ

  • 謎の男=チェ係長
  • チェ係長に捏造の疑いが浮上
  • 真犯人とユボムの秘密とは

夢見る謎の男=盗人というミスリードがありましたが、チェ係長だったことが判明。ウタクが推理したように、なぜあの現場に行けたのかが、いよいよ次回で判明します。 当時、点滴殺人事件を捜査していたのがチェ係長だったため、捏造の疑いが掛かってしまいます。 真犯人とユボムに共通する秘密とはいったい何なのでしょうか。こちらも次回で判明します。 次回は、いよいよ真犯人が姿を見せます。真犯人はユボムの前に姿を見せ、点滴殺人事件のあることで、ユボムを脅迫します。 真犯人の正体とは?チェ係長は本当に捏造していたのか?に注目です。ご期待ください。