決済手数料ゼロのSPIKEを利用してWordPressのプラグインで作ってみよう

     - 仕事術・ライフハック


SPIKEとはなんですか?

PayPal、WebPay、Yahoo!ウォレットFastPayなどいわゆるオンライン決済サービスです。通常、決済システムを導入する場合プログラムの知識が必要ですがSPIKEの場合、管理画面上で商品作成してそのリンクを指定サイトに貼り付けるだけで利用することができます。また2015年時点では業界初の「決済手数料ゼロ」となっています。

今回はSPIKEが提供しているAPIを利用してWordPressの決済プラグインを作成してみました。

サンプルページ http://admin-demo.nigata.co/spike/

SPIKEの佐藤さんのツイートから火がついてアクセス負荷が高いので一時停止しております。お希望な方はデモを用意致しますのでご連絡ください。

クレジット情報サンプル

クレジット番号: 4444-3333-2222-1111

クレジット期限: 現在よりも過去であれば可

 セキュリティコード:任意の数字を入力

※テスト版となるので決済ボタンを押しても課金されません。

 

プラグイン仕様

  • ショートコードを固定ページや投稿ページに記載すると、SPIKEの決済ボタンを生成する
  • 決済が完了すると運営者にメールが送られる ※ユーザ側には送られません

 

こんな人にオススメします

  • サイトを運用していてクレジット決済を取り入れたい
  • 小規模なオンラインショップを運営している
  • 手数料をなるべく抑えたい
  • PayPalを利用しているが、SPIKEに切り替えたい

 

SPIKEとペイパルはどちらが費用面でお得かどうか

 paypalの場合、商品につき3.6% + 40円、手数料がかかります。

一カ月に10,000円の決済が10回行われた場合の手数料(国内からの支払い)
(10,000円×3.6%+40円)×10回= 4,000円

 SPIKEの場合、決済手数料は無料となっていますが、ビジネスプランを利用すると、毎月3000円かかります。

 

費用で計算すると、

平均単価が3000円の商品を販売するECサイトの場合、毎月40個ほど売れると、SPIKEの方がお得のようです。

 

購入数SPIKEPAYPAL差額
10¥27,000¥28,960-¥1,960
20¥57,000¥57,880-¥880
30¥87,000¥86,800¥200
40¥117,000¥115,720¥1,280
50¥147,000¥144,640¥2,360
60¥177,000¥173,560¥3,440
70¥207,000¥202,480¥4,520
80¥237,000¥231,400¥5,600
90¥267,000¥260,320¥6,680
100¥297,000¥289,240¥7,760
1000¥2,997,000¥2,892,040¥104,960
10000¥29,997,000¥28,920,040¥1,076,960

 

必ずお読みください

今回利用しているSPIKEのAPIはビジネスプランに加入が必要です。

ビジネスプランの場合、毎月3000円かかります。

※支払いに関しても毎月支払いではなく半年支払いとなっています

 

申請が必要となるので、あらかじめご確認ください。ちなみにフリープランの場合は無料で利用できます。

 

詳しくは SPIKEのHPからどうぞ