すでに満室続出!フジロックでホテル宿泊できなくても快適に過ごせる方法

     - フェス


みなさん、宿泊施設はお決まりですか?

いよいよ今年もフジロック2015がはじまりますが、みなさん宿泊施設は決まりましたか

はじめての方はご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんが、フジロックはチケット取りよりも宿泊施設どりが一番難しいです。

早割が1月に販売されると同時にすでに近場の宿泊施設は埋まりはじめます。4月頃から本格的に宿泊施設の予約がはじまり、こちらもあっという間に埋まってしまいます。なので宿泊施設の予約開始日を知っているかどうかで命運をわけてしまうわけなのです。苗場プリンスホテルはほとんどが関係者に抑えられているというウワサです。

フジロック ツアー検索

今回は宿泊を金額面や探したけど見つからなかった人向けに快適に過ごせる方法をご紹介します。

キャンプで宿泊

フジロックでは園内でキャンプすることができます。宿泊数関係なく1律3000円で借りることができます。人数分で換算されるので、2名の場合は3000円×2 = 6000円 となります。

ただ通常のキャンプサイトで利用するとテント密集率が高いので開放感はまったくありません(笑 入口周辺はギュウギュウ詰めになるのでできれば遠くの場所にキャンプを貼ることをオススメします。

ツアー限定にはなりますが「PYRAMID GARDEN」からツアーに参加することをオススメします。通常のキャンプサイトとは違い、「PYRAMID GARDEN」の利用者限定区域になっているので、テント数も限定されており、広々と利用することができます。またキャンプ初心者には優しい「キャンプ用品」の貸出プランもあります。

<レンタル内容>
ロゴス製テント・テントマット
<レンタル料金>
1~3名用 ¥6,000(1セット 開催期間中 税込)
4名用 ¥9,000(1セット 開催期間中 税込)

※別途、保証金として1~3名用 ¥10,000、4名用 ¥15,000をお預かりし、レンタル用品の返却時に返金致します。
※レンタル料金、保証金とも、当日会場にて現金でのお支払いとなります。
 (クレジットカード不可)

レンタル用品の受け渡しは当日会場となっているので、運搬の必要もなく、重い荷物を持つ必要もありません。また他と比べると傾斜も少なくゆったりと過ごすことができます。

詳しくはこちら ツアーバス利用者専用キャンプサイト

キャンプで宿泊するときの注意点としては、防寒具はしっかり用意してください。山岳地帯ですので雨が降りやすい上に気温が低いです。日昼、温度が高くても夜は急激に下がるので体調を崩してしまう可能性があります。せっかくのフジロックで体を壊さないよう体調管理はしっかり行ってください。

健康ランドを利用する

フジロック会場からは少し離れてしまいますが、温泉もあり施設内で宿泊することもできます。たくさん汗もかきますし、しっかりと体を休ませたいですよね。
なんといっても金額がお安め(2400円~)なので、お風呂に入れてしっかり寝ることができるのは嬉しいですよね。

こちらも予約が必要となるのでお早めに問い合わせください。

ゆざわ健康ランド

宿泊施設をルームシェアする

それでもホテルに宿泊したいと思っている人向けです。

通常、ホテルは2名からのご利用となっていますので、ひとりで宿泊したい場合は2名分の宿泊料金を払う必要があります。せっかくベットが空いているのに開けておくには経済的にもったいないのでルームシャアしようよっという流れが密かにあります。

個別に募集している方もいらっしゃいますが、mixiのコミニティを活用する方法もよいかと思います。時期的に今年の募集はありませんが、ご興味がある方は定期的にみてみるとよいかもしれません。

快適に過ごすための安眠グッズ

明日のためにもなるべく今日の疲れを引きづらないようにしておきたいですよね。疲れを残しておくと、熱中症になりやすくなったり、筋肉痛になってしまったりする可能性があります。毎年フジロックに参加している私が実際にフジロックにもっていって便利だったものをご紹介します。

 

寝袋(シャラフカバー)

寝袋は大きくわけて3種類タイプがあります。今回はテント泊にも便利なシャラフカバータイプのモノがよいです。特性としては濡れと寒さに強い傾向があり、フジロックの夜はとても寒く、朝方は結露がすごいです。この寝袋は結露による濡れも防いでくれてかつ、寒さにも強いです。 

 

防寒着

夜になると急激に寒くなるので防寒着は用意しておきましょう。雨がふる可能性も考えられるのでなるべくナイロン生地のような雨をはじくモノがよいかもしれません。またフードがついているパーカーなどがよいと思います。フェスで傘をさしている人とかいませんしね(笑 

 

アイマスク+耳栓

質の高い睡眠をするのに効率がよいと言われているのは視覚や聴覚からの情報を遮断してしまうことです。人間の特性として暗くて静かな方が安眠できるので、そういう環境づくりをしてあげることが大切となります。特によいモノを用意する必要はないので、100均などで用意しておくとよいと思います。 

 

冷えピタ

日昼は体が火照っていることも多いので熱をもっている部分に首や額などにつけておくとよいかもしれません。熱中症対策にもなります。

 

まとめ

いかがでしょうか? せっかく1年に1回のイベントですし、失敗しないようにしたいですよね。特に宿泊施設情報は混在しているので、はじめての方が選ぶには難しいと思います。私も今年は参戦する予定ですので、参加できる方は当日、フジロックでお会いしましょう!