【あなたが眠っている間に】1話〜2話 あらすじ・感想つきで詳しく解説

     - あなたが眠っている間に


「ソウルドラマアワード2018韓流ドラマ最優秀作品賞」に輝いた話題の韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」。

予知夢が現実になるファンタジー要素満載のストーリーを幻想的な映像で展開していきます。サスペンスとラブロマンスもたっぷり盛り込まれていて、序盤から引き込まれていくおもしろさです。

ホンジュとジェチャン、2人の主人公におけるラブストーリーも気になりますが、イケメン刑事のウタクがホンジュに接近し、三角関係に発展するかもしれない展開となっていきます。

予知夢で見た母が死ぬ夢、ホンジュに降りかかる災難、これをどうやって解決していくのか、ジェチャンはホンジュを助けることができるのかが、ストーリーのキーポイントになりそうです。

すでに1話を視聴した人は、2話以降の展開がとても気になっているのではないでしょうか。本記事では、気になる1話と2話のあらすじを解説入りで紹介します。 まずは1話のおさらいから見ていきましょう。

『あなたが眠っている間に』1話〜2話 あらすじ

ホンジュは未来に起きる出来事を予知夢で見ることができる女性でした。ある日、見知らぬ男性と抱き合う予知夢を見ます。そして、その男性が向かいに引っ越してきてビックリ!

後日、ホンジュは母親が死ぬ予知夢を見てしまい、かなり動揺します。バレンタインデーの日、恋人ユボムとデート中、母が気になるホンジュは帰ると言い出します。

動揺しているホンジュの代わりにユボムが運転することになり、自宅へ向かう途中、交通事故でウタクを死なせてしまうのです。ホンジュも気を失ってしまい、目が覚めると病院のベッドでした。

叔母から交通事故によって母が過労死したことを知り、激しく悲しむホンジュ。さらには自分が運転をして、ウタクを殺した罪をユボムに擦り付けられたことも知ります。

検事として現れたジェチャンに罪を追求され、誰にも信じてもらえないことに絶望し、屋上から身を投げるホンジュ。それを見ていながら助けられなかったジェチャンは…。

ホンジュが自殺するシーンはジェチャンの夢オチ?

屋上から落ちていくホンジュの腕を捕まえようとして、そのまま落ちてしまったところで、ジェチャンは眠りから覚めます。実は、ホンジュが自殺する一連の流れはすべて夢だったのです。

夢オチだったとはびっくりですね。ホンジュだけが見れた予知夢だと思われてましたが、ジェチャンも予知夢を見れたのは偶然なのでしょうか。この辺が気になります。

不吉な夢が気がかりでしたが、バレンタインデーに予定がないジェチャンは新車が届く日なので、試乗を兼ねて予定があるというにも関わらず、弟に無理やり会う予定を取り付けます。

出勤するためバス停に向かうジェチャンは、ベンチに座っているホンジュを見つけます。夢が気になっていたジェチャンは、ホンジュの隣に座り嫌な顔をされるはめに…。ユボムのことを聞いて、会うなと忠告をし、ストーカー扱いをされてしまうジェチャンでしたが…。 いきなり言われたら、誰でも信じられないので、ホンジュのリアクションとしては当然と言えば当然ですよね。それも距離を置いておきたい相手ならなおさらではないでしょうか。

過去にあったユボムとジェチャンの因縁

ユボムは昔、ジェチャンの家庭教師をしていたときに、不正して稼いだお金でバイクを買って、後ろにジェチャンを乗せて交通事故を起こしてしまったのです。

正直に話そうとするジェチャンに、「お前が運転したことにしろ」というユボム。反発するジェチャンでしたが、「素行の悪いお前を信じるやつはいない」とあくまでもジェチャンのやったことだと言い張ります。

自分のためなら、どんな嘘でも付いてしまうユボムは、完全にサイコパスだと言わざるを得ませんね。

卑怯な人物像に、今後の展開でホンジュやジェチャンをどう苦しめていくのか想像できて、嫌な感じです…。

<チェックポイント>ユボムは自分が助かるためなら、たとえ大切な人にでも罪を擦り付けるような、最低な人物だということが判明します。予知夢では事件の真相に気が付かずにいたジェチャンでしたが、夢の通りに動いていくなかで、過去の記憶と夢をすり合わせ何かに気が付き始めます。そして、過去のバイク事件を思い出し、ジェチャンはホンジュの件もユボムが仕組んだことなのだと確信していきます。

ジェチャンがウタクを救ったことで現実が変わっていく…

弟と待ち合わせている場所に新車で向かい、そこでユボムと遭遇して驚くジェチャン。やはり予知夢通りになるのかと思っていると、ホンジュもやってきます。止めようとしても止められない現実に動揺するジェチャンでしたが、どうすることもできません。

夢の通りに進んでいく現実を目の当たりにして、ジェチャンは困惑や動揺が隠せないようで、見ていてもどかしい気持ちになります。

弟が来て、ピアノの演奏会へ行こうと言われ車に乗り込むと、突然雪が降ってきます。やはり夢の通りになったと愕然とし、車を発信させられません。そこへホンジュとユボムが来て、夢の通りにホンジュはユボムに車のキーを渡し、運転席にユボム、助手席に座るホンジュの姿がありました。

ここまで夢通りに進むと、このあとの展開も同じになると、ジェチャンはとても不安になったのではないかと思うんですよね。絶対に同じ流れにはしたくないという強い思いが感じられましたね。

ジェチャンは、弟を残して慌ててホンジュの車を追いかけます。猛スピードで追いかけ、車をぶつけてウタクの死を回避することに成功します。ジェチャンに過去に合ったバイク事件の腹いせなのかと因縁を付けるユボム。

またもやユボムは自分を正当化するために、相手を追い詰めるような言い方をして、とても嫌な人だと思わせるシーンでした…。

ホンジュは自分を助けてくれたことで、ジェチャンもまた自分と同様に現実になる予知夢を見たのだと理解します。そして、自分が見た予知夢と同じようにジェチャンを抱きしたのです。

ここは本当にきれいで幻想的で、印象的な場面だったと思います。ホンジュの気持ちを思うと、胸にこみあげるものがありました。今まで誰にも理解されなかった苦しみを分かち合える人に巡り合えたと思ったことでしょう。

そのあと2人は警察に事情を話したあと、治療のために病院へ向かい、待合室で予知夢について話すことに…。

だんだん明らかになる予知夢の真相

ジェチャンはホンジュに予知夢について気になることを聞いていました。予知夢はどのくらい先に見るのかという問いに、数日から数カ月先にもなるし、数秒後に起こることもあるという事実に驚くジェチャン。

「チェックポイント ホンジュは今まで、予知夢通りに起こる現実を変えることができず、常に歯がゆい思いをしていました。それをジェチャンは初めて予知夢見たにも関わらず、現実を変えたことに驚いています。この先、ジェチャンと一緒なら、悪い予知夢なら変えることができると確信していたのではないでしょうか。」

場面は変わり、コンサート会場へ…。

舞台上でピアノ演奏をするジェチャン弟の同級生と、それを見守る両親でしたが、母親の方が体調が悪そうで、父親と記者がそれに気づきます。

ピアノ演奏会後、インタビューを受けている途中、ピアニストの母が倒れてしまいます。胸には何度も踏みつけられたような足跡が残っていて、それをとっさに隠したピアニストの父に気付き、記者は警察へ通報し、警察に連行されてしまうのです。その警察のなかにウタクの姿も…。

駆け付けたジェチャン弟は異変に気が付きますが、同級生のピアニストに誰にも言わないでほしいと頼まれます。

そしてこの記者ですが、今後もホンジュの上司として登場し、ストーリーのキーポイント的な存在になりそうです。

登場人物

ホンジュ

母と2人で暮らしている正義感の強い女性。未来に起こる出来事を予知夢で見たあと、それが必ず現実に起こるという現象を体験します。悪い予知夢を回避できなことに後悔する日々を送ってきましたが、向かいに越してきたジェチャンと知り合い、少しずつ変化が起こってくるのです。

ジェチャン

漢江地検に配属となった新人検事。素行が悪かった学生時代を経て、努力して検事になれたという経歴を持つ変わり者です。ルックスは良いのに、ぶっきらぼうでだらしないところがあり、弟に面倒を掛けているという面もあります。ホンジュと知り合って、予知夢を見るようになり、偶然にもホンジュと母親を助けることになるのです。

ホンジュ母

とてもやさしくて面倒見の良いホンジュの母親。焼肉屋を経営しています。ホンジュの予知夢を知りながらも、明るく接してホンジュの気持ちを和らげてくれる、とてもやさしい母親です。ホンジュが予知夢で自分が死ぬ夢を見たことを聞いても、明るく笑い飛ばして心配させないようにします。

ユボム

弁護士をしていて、ホンジュとは数回デートする仲。人当たりは良くて、一見優しそうな雰囲気ですが、実は冷静で人を貶めることも厭わないと、かなりの要注意人物です。昔ジェチャンの家庭教師をしたことがあり、検事になったジェチャンと再会します。過去にジェチャンとある意見で言い争う因縁で、ジェチャンは今もユボムを快く思っていません。

ウタク

誠実で真面目な警察官。警察大学時代に成績トップで表彰されたこともある優秀な警察官です。ルックスや鍛えた体であることから、漢江検察の女性たちから熱い眼差しで見られることも。ホンジュと出会い、次第に思いを寄せていきます。

ピアニスト

ジェチャン弟の同級生でプロのピアニストを目指している女性。両親は仲の良い夫婦を演じていますが、必死に隠している事実があって、相当悩んでいます。

ジェチャン弟

面倒見の良くて兄想いのやさしいジェチャンの弟。兄と2人暮らしで、文句を言いながらも兄の面倒を見ています。同級生のピアニストの女性に思いを寄せていると思わせるところもあり、今後の動向が気になるとこです。

まとめ

  • ホンジュが自殺をしたのはジェチャンが見た予知夢だった
  • ユボムとの過去の因縁を思い出し、ジェチャンはホンジュの無実に気付く
  • 予知夢通りになる現実回避するため、事故を起こしてウタクを助ける
  • 弟の同級生ピアニストの父が家庭内暴力疑惑で警察に捕まる
  • ホンジュは予知夢で見たジェチャンの行動を利用して、嫌がるジェチャンにつきまとう

何とかしてジェチャンに予知夢を信じてもらいたいホンジュは、予知夢でジェチャンの通勤時の行動を把握していたため、先回りして関連する人に教えて回ります。最初は困惑するジェチャンでしたが…。

最後、駅のホームでホンジュを突き放したジェチャンでしたが、ホンジュの切実な一言で立ち止まりました。

次回は、予知夢を否定したジェチャンでしたが、結局弟の危険を予知夢で知り、ピアニストの元へ訪れてジェチャン弟の危機を救います。そして、ウタクもまた、ホンジュとジェチャン同様に予知夢を見るようになっていくのです。

3話はさらに予知夢を通して、ホンジュとジェチャンの絆が深まっていくようで、ワクワクするような展開となっていきます。とても楽しみですね。