【ホリデイ】あらすじや小ネタ・音楽・見どころを深堀り!

     - 映画


2006年に公開された『ホリデイ』は、ハリウッドとロンドン郊外2つの場所を舞台に、キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックらが大人の恋をする物語です。 アイリス(ケイト・ウィンスレット)とアマンダ(キャメロン・ディアス)のストーリーが交互に進み、続きが気になる構成となっています。 今回は、ホリデイのネタバレありのあらすじや登場人物、音楽や豆知識などを詳しく解説!「アマンダの家が売りに出されている?」、「脚本家のおじいちゃんは実在の人物?」など、映画の中で気になる点や小ネタも深堀りしていきます。

『ホリデイ』のあらすじ

クリスマス前に失恋!対照的な2人は家を交換して…


ロンドンの新聞社で働くアイリスは、社内のクリスマスパーティで、同僚であり恋人のジャスパーが婚約したことを知ります。3年間も思い続けていたのに、ジャスパーの本命は自分ではなかったのです… 一方、ハリウッドに住むアマンダは映画の予告編を制作する会社の経営者で、独身女性でありながら豪邸に住んでいます。同棲している恋人が浮気したことで激怒しますが、泣こうにも涙は一滴も流れてきません。繁忙期の中無理やり休暇を取って、旅に出ることを思い立ちます。 アイリスとアマンダは、「ホームエクスチェンジ」のサイトでメッセージを送り合い、互いの家を交換して休暇を過ごすことになりました。

【アマンダ編】深入りしないと言いつつ惹かれ合う

片田舎のアイリスの家でアマンダが退屈していると、深夜になって酔ったグレアムが訪れます。驚きつつも、互いに酔っていることも手伝って一夜をともにすることに。割り切った関係を切り出したのはアマンダですが、翌日も態度を変えない様子を見てグレアムは興味をそそられます。 けん制し合いつつ、グレアムに「今夜パブにいる」と控えめに誘われると、結局その夜アマンダはパブを訪れます。

【アイリス編】引退した脚本家アーサーとの出会いがアイリスを変えていく

アマンダの家に着いたアイリスは、アマンダの元カレ・イーサンの友人であるマイルズと出会います。マイルズは恋人のマギーを連れていましたが、何かが起こる前触れの「サンタ・アナ」が吹きました。 別の日、アイリスは道で困っているおじいちゃん・アーサーを家に送ります。ディナーをともにすると、元脚本家のアーサーはハリウッド映画界の昔話をしながら、自信を失くしたアイリスを元気づけます。 アーサーとアイリスは意気投合し、アーサーの友人たちとマイルズを招いてパーティをすることに。

【アマンダ編】プレイボーイじゃなかった!本当のグレアム

パブでグレアムと再会したものの、泥酔して記憶がないアマンダ。酔った女性に手は出さないというグレアムとランチデートをし、互いを知ることに。 別の日、アマンダは自分の気持ちに素直になってグレアムの家をサプライズ訪問します。するとそこで、グレアムが2人の娘を持つシングルファーザーであることを知ります。休暇が終われば別れが来ると思っていたアマンダは一線を引いて付き合い続けますが…

【アイリス編】自分を責めていた恋にサヨナラ。

話は変わり、アーサーの家で脚本家協会からの手紙を見つけたアイリスは、リハビリを手伝って祝賀会に出られるよう奮闘。クリスマス・イブの日、マイルズとアイリスはレンタルビデオ店でマギーの浮気を見てしまいます。失恋経験を吐き出しあって仲良くなる2人でしたが、マイラスのもとにはマギーから謝罪の連絡が。 アイリスは明るく送り出しますが、心は晴れません。アマンダの家で過ごしていると、突然ジャスパーがやって来て復縁を迫ります。婚約者と2マタをかけつつ迫るジャスパーを追い出し、思い出を振り切ったアイリス。

素直になるって素敵!本当の恋を手に入れた2人

祝賀会当日、アイリスはアーサーを迎えに行き、会場へ向かうとたくさんの人が集まっています。一瞬、階段に怯むアーサーですが、マイラスが作曲した「アーサーのテーマ」が流れると身軽に駆け上がって見せました。感動するアイリスのもとへマイルズが合流。マギーとの別れと、大晦日を一緒に過ごしたいという旨を告げます。アイリスはマイラスにキスをして「もちろんよ」と返事をしました。 一方アマンダは休暇を終えて帰国する前、アイリスの家でグレアムと会っていました。無理のない範囲で付き合いを続けていく様子の2人。別れのキスをし、迎えの車に乗って帰路に着きます。 車が走り出して少しすると突然涙するアマンダ。これまで涙が出なかったのが嘘のように泣けてきます。アマンダはもう一度、想いに素直になってグレアムのもとへと向かいます。車から降りて走って家に着くと、グレアムは泣いていました。 物語は、アイリスの家で大晦日を過ごすシーンで幕を閉じます。アマンダ、アイリス、グレアム、グレアムの娘たち、マイラス。全員が幸せそうに笑って、夜は更けていくのでした。

登場人物

登場人物たちは、どの人も人間らしさがあって魅力が溢れています。

アマンダ

ハリウッドで映画PR会社を経営。ローズヒル・コテージについた当日には退屈して帰りたくなるワーカホリック。本来は感情がそのまま顔や仕草に出る天真爛漫な性格だが、15歳のときに両親が離婚したことがきっかけで泣けなくなる。傷心のタイミングで出会ったグレアムに惹かれ、向き合ううちに強い女として生きてきた自分を脱ぐことができる。

アイリス

新聞社のコラムニストでロンドン郊外の可愛らしい家に暮らしている。他の女性と婚約したのに困ったときだけ頼ってくるジャスパーに毅然とした態度をとれない。悩みがちで自分を責めやすい性格だが、アーサーやマイルズと交流するうちに明るさと自信を取り戻す。マイルズのユニークな一面や弱さに触れ、良き友人から大切な存在に感じ始める。

グレアム

アイリスの実兄。酒に酔ってアイリスの家に押しかけ、偶然アマンダと出会い一夜をともにする。イケメン編集者でプレイボーイのように見せるが、実は過去に妻を亡くしてから2人の幼い娘を育てているシングルファーザー。アマンダとは一夜だけの付き合いのつもりが、デートを重ね、心から惹かれていく。涙もろく、古風な性格。

ジャスパー

アイリスの同僚で3年間付き合っていた元恋人。アイリスに恋人として振舞いながら他の同僚とも付き合い、婚約する。婚約後も自分が困ったタイミングで連絡してきて仕事を押し付けた挙句、ハリウッドにまで押し掛ける。二股を公言しながらもアプローチするが、目が覚めたアイリスにきっぱりと振られる。

アーサー

ハリウッド映画を多く手掛けてきた元脚本家で、業界内では有名な存在のおじいちゃん。失恋に打ちひしがれていたアイリスを元気づける。脚本家協会から祝賀会への出席を何度も誘われているが、歩けなくなった姿を見せたくない気持ちから無視してきた。アイリスとリハビリに励み、アーサーもまた自信を取り戻す。

マイルズ

ハリウッドの作曲家でイーサンの友人。初対面の人ともすぐ仲良くなり、サービス精神旺盛な性格で周囲を笑わせる。女優のマギーと付き合っていたが、アイリスと一緒にいるときに偶然マギーの浮気現場を発見。同じく浮気されていたアイリスと共感しあい、仲良くなっていく。表向きの性格はまったく違うが、傷つけられた相手への対応はアイリスと似ている。

マギー

マイルズの元恋人で新人女優。泊まりで映画のロケと偽り浮気していたところをマイルズに発見される。浮気を過ちだったと認め、マイルズとよりを戻したいと連絡してくる。

グレアムの子供たち

グレアムの娘たち。母がいない寂しさを感じているようで、アマンダが家を訪れたことをとても喜び歓迎する。

イーサン

アマンダの元恋人。アマンダと同棲しつつも浮気するも、「仕事に夢中になっている君のせい」と逆ギレ。家を追い出される。

『ホリデイ』小ネタ・音楽・見どころを深堀り!

サウンド・トラックは『パイレーツ』も担当のハンス・ジマー

全編をとおして美しい音楽も魅力の1つです。サウンド・トラックは『ライオンキング』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』など有名映画を担当したハンス・ジマーが制作。 また、マイラスが車でアマンダの家を訪れてゲート前で待つシーンでは「ニューシネマ・パラダイス」の名曲が使用されています。

リンジー・ローハンとジェームズ・フランコ、ダスティン・ホフマンも出演!

本編キャストとは別に、大物俳優たちがカメオ出演。 リンジーとジェームズは、アマンダの会社が制作する映画予告編に出演しています。爆発を背にダッシュ、『マトリックス』風の二丁拳銃を使ってのアクションで、30秒に満たない出演ながら流石の存在感です。 ダスティン・ホフマンの出演は、アイリスとマイラスが訪れるレンタルビデオ店のシーンです。マイラスがDVDパッケージを手にとっては主題歌をモノマネしていき、『卒業』の挿入歌であるサイモン&ガーファンクルの「Mrs. Robinson」をマネたところで、「バレたかな?」とホフマンが振り向く、というシーンとなっています。 『卒業』は若き日のホフマンの代表作であり、世界中でヒットした映画。『ホリデイ』の中でもそのままダスティン・ホフマン役として登場しているところが、映画好きの心をくすぐりますね。 ホフマンは『ホリデイ』に出演する予定はなかったものの、偶然通りがかって撮影に気が付き、監督のナンシー・マイヤーズが知り合いだったことから急遽出演することになったそう。

引退した脚本家・アーサーは実在した?

元脚本家のおじいちゃん、アーサーはハリウッドの名作を多く手掛けた大物という設定。 ケーリー・グラント本人から故郷を聞いたと語る場面や、『カサブランカ』の名セリフ「君の瞳に乾杯」を書き足したなど、脚本家らしいエピソードがたくさん出てきます。 実在した俳優や映画の名前が出てくるのでとてもリアルですが、実際には、アーサーは架空の人物。もしかすると、監督・脚本を務めたナンシー・マイヤーズの中ではモデルとなった人物がいるかもしれませんね。

ロケ地はこんなところ!

アイリスの家があるサリー州・シェア。撮影はシェアと、シェアより西に位置するゴダルミング両方を使用しています。 アイリスの家は撮影用に作られたセットで、撮影が終了したあとは撤去されたそう。家には「ローズヒル・コテージ」という名前がついていて、これはケイト・ウィンスレットを一躍有名にした『タイタニック』のローズ役がモチーフと言われています。 そして、絵に描いたような大豪邸のアマンダ邸は、ハリウッドセレブたちに人気の建築家のウォレス・ネフ氏が自宅用に建てた物件で、劇中では外観のみを使用。室内シーンはすべてセットで撮影されています。 実はこの物件、2018年現在売りに出されています。つまり、購入が可能ということ!気になる価格は…なんと約13億円。「手に入る価格!」と思える方は、ぜひ購入してアマンダ気分を味わってみてはいかがでしょうか。

大人可愛いファッションが色あせない

『ホリデイ』では大人可愛いファッションにも注目です。特に、リッチな女性経営者であるアマンダ役を演じたキャメロン・ディアスは様々な衣装を着用。ディオール、シャネル、セリーヌなどハイブランドの服やバッグはどれも上品でかつキュートで、ファッションを目で追っていても楽しい作品となっています。全体的に色味を抑え、素材感を大切にした着こなし。雪景色によく合う冬のファッションです。 対してアイリスはナチュラル&カジュアルな服装が多めです。ケイトはグラマラスな体型なので、服装によっては太って見えがち。ワンピースはかっちりしたラインを選ぶ、パーカーでも胸元を開けるなどの工夫ですっきり着やせしています。体型が気になる方はアイリスのファッションに注目してみてください。

ジュードロウの子供たちを演じた子達の現在は?脚本家のおじいちゃんは?

グレアムの娘を演じたソフィ(ミフィ・イングルフィールド)とオリビア(エマ・プリチャード)は、『ホリデイ』以降、映画に出演していません。ミフィ・イングルフィールドは現在音楽の道に進み、パンクガールとなっていました。あの可愛らしかったソフィがハードなバンドをやっているなんて意外ですよね。また、エマ・プリチャードは現在一般の女の子として暮らしているようです。 脚本家アーサーを演じたイーライ・ウォラックは、2014年にこの世を去りました。西部劇の悪役スターだったウォラックは、ハリウッド映画の黄金期を支えた人物。映画界を支えたアーサーと同様、ウォラックもまたハリウッド映画とともに歩んできた人生でした。

まとめ

『ホリデイ』では、失恋した2人の女性が素敵な恋に巡り合います。 アイリスとアマンダが幸せを掴んだのは、本当の自分の気持ちに素直になって行動したからですよね。 物語のラストでは、2つのカップルが今後どうやって付き合っていくかなど、細かい部分はまったく触れられていません。 「結末は想像に任せる」といった終わり方ですが、ラストシーンである大晦日のパーティでは全員が幸せに満ちた表情をしていたので、「きっと幸せな結末なんだろうな」と温かい気持ちになれます。 今回は映画『ホリデイ』のネタバレありのあらすじや登場人物、ロケ地やキャストについての豆知識などを紹介しました。 アマンダとアイリスがどん底から這い上がり、ポジティブになっていく様子に元気をもらえるので、疲れたときや嫌なことがあったとき、曇りや雨の日など、好調ではない日にこそおすすめ! 毎日を頑張る大人の女性に、ときめきと元気を与えてくれる映画『ホリデイ』。今年のクリスマス映画として、すでに見た人ももう一度見てみてはいかがでしょうか。