【あなたが眠っている間に】7~8話あらすじ!保険金殺人事件の幕開け

     - あなたが眠っている間に


『あなたが眠っている間に』7話と8話のあらすじをまとめています。 保険金殺人事件が発生。ホンジュが事件に巻き込まれてしまい、守ろうとしたウタクが危険な目に合います。ジェチャンは無事にホンジュを助けられるのか?

ポイント  
  • 保険金殺人の犯人は兄のデヒ
  • 指名手配されユボムが弁護人となる
  • 検視解剖しなかったことが後々問題に
  • ホンジェはジェチャンの恩人

昔、ジェチャンを助けていたホンジュ。過去に接点を持っていた2人でしたが、ジェチャンが予知夢を見るようになったのは偶然なのでしょうか。今回新たにわかった事実と今後の伏線にもつながるポイントを解説していきます。 そして、またしてもユボムが担当弁護士に。ジェチャンとの因縁は続くようです。このほかにも気になるポイントがたくさんありますので、順番にチェックしていきましょう。

『あなたが眠っている間に』7~8話あらすじ

家庭内暴力事件が解決したあとに、ジェチャンを含めた検察チームと、ホンジュやウタクを巻き込んで、新たに保険金殺人事件が勃発します。 気になる事件の概要を早速見ていきましょう。

カフェ店員の兄が交通事故を起こし弟死亡

カフェの店員チョヒへ電話が掛かってきます。チョヒが警察へ駆け付けると、兄のデヒが冷たくなった弟の側で号泣していました。 周囲には検視官や検察のチェ係長やイ検事が検視をしています。死亡した弟は安全ベルトをしていなかったことが判明。 チェ係長が死体を見たときに、交通事故とは思えないほど、出血の量が少ないことに気付きます。 チェ係長は家庭内暴力事件のときにも鋭い推理力を発揮していましたが、今回も事件の糸口になるような細かい点に気付いていますね。 鋭い洞察力を持つチェ係長の今後の活躍にも期待したいところです。

検察チームは解剖せずに検視終了

チェ係長の言葉で、イ検事も死因を特定する必要があると感じ、解剖をすると言います。それを聞いたデヒは、最大限に悲しみを表現しながら、解剖はしないでほしいと訴えるのでした。 そして、自分が運転したせいで弟を殺してしまったと自分を責めるデヒ。それを見たイ検事は、遺族の希望ということで解剖はしないことを決めます。 しかし、チェ係長は何か腑に落ちないという感じで、号泣するデヒを怪しむように見つめたのでした。 通常なら見逃してしまうようなことでも、チェ係長なら気付ける才能があったようですね。デヒの態度に何かしらの違和感を感じたのでしょう。

後日。結局、弟の遺体は火葬されてしまい、証拠は消えてしまうことに…。 事件が進むにつれ、この件で検察側はピンチになっていきます。イ検事は浅はかな判断をしてしまいましたね。本来ならあってはならない失態です。

昔ジェチャンを助けたのは少年?

朝食を食べ損ねたので店にやって来たジェチャンは、偶然ウタクと出会い、一緒に朝食をとることになります。 予知夢の話になり、ジェチャンに助けられたのに、実際の事故にあったような奇妙な感覚がして、本当に死んだような気分になったと話すウタクでした。 すると、昔に同じような体験をしたというジェチャン。川で溺れたところを助けてもらったことがあり、実際に川底へ沈んだような感覚になったことを話します。 それを聞いたウタクは、ジェチャンを助けた人がホンジュで、助けられた人が助けた人の予知夢を見るのではないかと推理。 ジェチャンがウタクを助け、ウタクがジェチャンの予知夢を見ることになりましたよね。 そして、ホンジュがジェチャンを助けたので、ジェチャンがホンジュの予知夢を見ることになったのではないかと、ウタクは推理したようです。 確かにそう考えるとつじつまはあいそうですが、ホンジュがジェチャンの予知夢を見ることの説明にはつながらない気がします。ウタクの推理は当たりか外れ、どちらなのでしょうか? ジェチャンは、自分を助けたのは女じゃなくて、野球帽をかぶったりりしい少年だったと言って、ウタクの推理は間違いだと相手にしません。 しかし、ホンジュは昔、髪の毛はベリーショートで、野球帽をかぶり少年のような格好をしていました。 ジェチャンを助けたのは、ホンジュで間違いありません。そう考えると、ますますウタクの推理は真実味を帯びてきますね。

警察に追われてユボムのもとへ

デヒはATMで大金を下ろし、カバンに詰めています。一方、妹のチョヒは警察からデヒの行方を聞かれていました。 弟に27億ウォンというありえない金額の保険を掛けていて、保険会社から保険金を受け取ったデヒは、保険金殺人の容疑が掛けられます。 そして、事情聴取に訪れた警察から逃げたために、指名手配が出され、警察から追われてしまう事態になっていたのです。 デヒは大金が入ったカバンを持って、ユボムの弁護士事務所に向かいます。 27億ウォンという金額の保険を掛けていたことに驚きましたね。裕福な家庭ならまだしも、一般家庭では不自然なため、警察に疑われるのは避けられないはずです。 デヒの考えが浅はかだったとしか言いようがありません。

殺したと白状し無罪判決を依頼

秘書から代表の紹介で来たお客様がいると聞いて、部屋を除くユボム。デヒの姿を見て怪訝な顔をします。上司の嫌がらせかと思い、最初は嫌がっていたユボムでした。 しかし、話を聞けば気が変わるかもしれないと説得され、デヒの話を聞くことに。 デヒはユボムを信用すべきか迷いましたが、正直に話をしないと弁護ができないと言われ、自分が殺したことを白状します。 ユボムなら無罪にしてくれると聞いたので、ここへ来たことを告げるデヒ。結局、ユボムはデヒの弁護を引き受けることになったのです。 代表からの紹介ということは、デヒから話を聞いて、ユボムが適任だと判断したということですね。確かに、殺人者を無罪にするなら、ユボムが適任かもしれませんね。

まとめ

  • ホンジュは自分が死ぬ予知夢を何度も見ていた
  • 新しいSBCユニフォームは予知夢と同じ
  • 大量の猫が毒殺されていたことがわかる
  • 保険金殺人事件の担当検事はヒミン

ホンジュがSBC新聞社に復帰して、先輩ドヒョンから渡された新ユニフォームは、何度も見ている自分が死ぬ予知夢で来ていたものと同じでした。 ホンジュは街で、男が猫に餌を与えているのを偶然見かけます。確かチキン店の店主ではないかと気づくホンジュ。後日、ウタクから猫が100匹以上も殺されている事件を聞きます。 保険金殺人事件をヒミンが担当することになり、戦う相手はユボムであることがわかって、嫌な予感がするジェチャン。 次回は保険金殺人事件の後編です。解剖をせずに火葬になったため、証拠を提示できず、裁判で不利になる検察チーム。 ユボムの怒号の攻めに太刀打ちできずに、デヒは無罪となってしまうのでしょうか。裁判の行方がとても気になりますね。